お問い合わせ 03-5414-3611 受付時間 月~金 10:00~18:00(祝祭日を除く)

ドコモ・システムズ株式会社様

ドコモ・システムズ株式会社 エンタープライズソリューション事業部 営業担当 主査 町啓介氏、同ソリューションプロジェクト 主査 高木修二氏、同ソリューションプロジェクト 阿部晃久氏に、アクセルメールを導入した経緯と評価について詳しく聞きました。

(ドコモ・システムズ株式会社について)
NTTドコモのグループ会社。ドコモグループ向け社内システムの開発、運用および、企業・団体向けモバイルシステム、セキュリティシステム、ERP、GISなどの開発、販売を行う。従業員数702名(2012年3月31日現在)。

アクセルメールを自社製品「docoですcar NEXT」の携帯メール配信エンジンとして活用

位置情報管理サービス docoですcarドコモ・システムズでは携帯メール配信エンジン「アクセルメール」をどう活用していますか。ドコモ・システムズでは、アクセルメールを、自社製品「docoですcar NEXT(ドコデスカー ネクスト)」の、メール配信エンジンとして活用しています。その他、メールの不達原因を管理するためのオプション、「エラーメールレポート機能」も活用しています。

「docoですcar NEXT」の概要を教えてください。「docoですcar NEXT」は業務車両や従業員の位置や状況を、管理者が一括把握するための、「動態管理」を標準機能としたサービスです。運送会社のトラック、建設会社のダンプ、幼稚園の送迎バス、自治体のコミュニティバス、営業部門の外回り営業パーソンなど、動態管理を必要とする多数の企業・団体にご活用いただいています。「docoですcar NEXT」を使えば、車両管理者は、どの車(または人)が今、どこにいて、どのような状態にあるのかを、パソコンで一括把握することが可能になります。今回発売した「docoですcar NEXT」は、お客様の経営上、業務上の問題解決に向けた様々な関連アプリケーションの追加も可能な、柔軟性、拡張性を備えており、動態管理以外にも、ドライバーの安全管理や適正な業務管理など、様々な問題解決を解決する「クラウド型位置情報サービス」です。「docoですcar NEXT」の動態管理機能では、状況に応じて、「車両管理者から業務車両の運転者に向けて」、「保育園、幼稚園から、送迎バスに乗っている園児の保護者に向けて」、または「バス会社から、バスを利用する一般ユーザーに向けて」、「オフィスから営業マンに向けて」、情報提供のための携帯メールを一斉配信することができます。アクセルメールは、この通知・報告メールの配信のために使っています。

  • GPS端末機(写真右上)
    GPS端末機(写真右上)
  • どのクルマまたは人が、今、どこにいるかを
パソコン画面からリアルタイム把握できる。
    どのクルマまたは人が、今、どこにいるかを
    パソコン画面からリアルタイム把握できる。

アクセルメール(およびエラーメールレポート機能)を採用した理由

利用者への通知・報告メールの送信という用途であれば、送信数は、一回に数通~数十通であり、少数かと思われます。そのような小規模のメール配信に、なぜアクセルメールのような本格的なメール配信エンジンが必要になったのでしょうか。「docoですcar NEXT」に、携帯メール配信エンジンが必要だと考えた理由、および、最終的にアクセルメールを選んだ理由は次のとおりです。

理由1.ユーザ当たりの配信が少数でも、複数ユーザが同時に配信すれば大量配信となる

現在、「docoですcar NEXT」は、順調にユーザー数を増やしています。1ユーザー当たりのメール配信数が少数であっても、多くのユーザーで同時に配信が発生すれば、結局、 サーバからの同時配信数は多くなります。将来に備えて、今の段階から高性能のメール配信エンジンを導入するのが適切だと考えました。

理由2.エラーメールレポート機能を活用して、エラーメール多発によるサービス低下を未然に防ぐ

今回、アクセルメールには、大量で高速なメール配信能力だけでなく、「エラーメールへのきめ細かい対応能力」を期待して導入しました。

同一サーバ(同一IPアドレス)からメールを一斉配信する場合、エラーメールを一定割合以上含む配信を複数回繰り返すと、携帯キャリアから「迷惑メール送 信サーバ」と見なされ、接続拒否(受信ブロック)を受けることがあります。たとえ少量の配信であっても、仮に半数以上がエラーになるような場合は、やはり 受信ブロックを受ける可能性があります。

「docoですcar NEXT」から配信したメールがエラーとなる原因には、「docoですcar NEXTに登録したメールアドレスが間違っている」、「アドレスを変更した」、「docoですcar NEXTからのメールに対し、受け手が誤って、迷惑メール設定をかけている」などが考えられます。

アクセルメールの「エラーメールレポート機能」は、このような「アドレス誤登録、アドレス変更、迷惑メールの誤設定 → エラーメール大量発生 → 接続拒否(受信ブロック) → メール配信の不達、遅延 → サービスレベルの低下」という悪循環を防ぐために活用しています。

ドコモ・システムズでは、エラーメールレポート機能を使って「エラーメール管理システム」を構築しました。 具体的には、「docoですcar NEXT」のユーザー(管理担当者)が、「エラーメール管理システム」を使って、エラーメールの発生件数と、エラー種別を把握します。エラーメールが発生 していた場合は、そのアドレスの保有ユーザーに、「アドレス誤登録、またはアドレス変更の可能性があるので、再登録をお願いします」と、個別に連絡しま す。また、迷惑メール対策の誤設定で不達となっている場合は、迷惑メール設定を変更するよう通知します。

エラーメールにきめ細かく対応するには、エラーの原因を正しく知ることが重要です。その原因は、アクセルメールの「エラーメールレポート機能」により把握することができます。「エラーメールレポート機能」により、メールの不達や遅延などのトラブルを防止するためのきめ細かい通知業務が可能になりました。

理由3.動作環境

「docoですcar NEXT」はWindowsで構築したサービスです。その補助として採用する携帯メール配信エンジンもWindows対応であることが望ましいといえまし た。Windows対応の携帯メール配信エンジンは、われわれが調べた範囲では、アクセルメールだけでした。

アクセルメールは、上記の「同時大量配信」、「エラーメール分析能力」、「Windows対応」において、優れていたので、採用しました。 「「docoですcar」時代の2009年のことです。

以来、3年にわたり、アクセルメールは当初の期待通り安定稼働しています。エラーメールレポート機能も、不達メール削減のために役立っています。

2012年3月に、サービスリニューアルした「doco ですcar NEXT」でも、引き続きアクセルメールを採用された一番の決め手を教えてください。これまで「docoですcar NEXT」においてトラブルなく安定したメール配信ができている実績が、採用の決め手となりました。

  • エンタープライズソリューション事業部 ソリューションプロジェクト 阿部晃久氏「エラーメールへのきめ細かい対応が可能になりました」エンタープライズソリューション事業部 ソリューションプロジェクト
    阿部晃久氏
  • エンタープライズソリューション事業部 営業担当 主査 町啓介氏「アクセルメールは、『docoですcar NEXT』のサービス品質向上に役立っています」エンタープライズソリューション事業部 営業担当 主査 
    町啓介氏
  • エンタープライズソリューション事業部 ソリューションプロジェクト 主査 高木修二氏「安定したメール配信の実績が採用の決め手となりました」エンタープライズソリューション事業部 ソリューションプロジェクト 主査 
    高木修二氏

今後の期待

KLabへの今後の期待をお聞かせください。ドコモ・システムズでは、今後とも「確かな品質、誠意ある対応」をモットーに、お客様に役立つサービスを提供し続ける所存です。KLabには、優れた製品とサービスの継続提供を通じて、ドコモ・システムズの顧客満足度向上の取り組みを支援していただくことを期待します。今後ともよろしくお願いいたします。

本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。

会社情報

会社名 ドコモ・システムズ株式会社
所在地 〒107-0052
東京都港区赤坂2-4-5 国際赤坂ビル5階
URL http://www.docomo-sys.co.jp/
  2012.5現在
※掲載の会社名、サービス名は各社の商標、登録商標です。