お問い合わせ 03-5414-3611 受付時間 月~金 10:00~18:00(祝祭日を除く)

株式会社データホテル様(旧:株式会社ライブドア様)

※本取材は2007年4月に行ったため、旧社名での記載となっております。ご了承ください。

2007年4月、簡易会社分割により、株式会社ライブドアホールディングス(旧株式会社ライブドア)からメディア事業部とネットワーク事業部が新生「株式会社ライブドア」として独立。
主力事業はポータルサイト「livedoor」の運営、そしてフルマネージド・ホスティングサービスの「DataHotel」。
「DataHotel」の携帯向け「高速メール配信」サービスのエンジンとして、アクセルメールを2006年に採用。その経緯と効果について、導入を担当したネットワーク事業部マネージャー大木幸生氏(写真左)、オペレーショングループ荻原尚宏氏(写真中央)、営業部池田寿也氏(写真右)、管理部マネージャー竹島賢氏に詳しく聞いた。

フルマネージド・ホスティングサービス「DataHotel」

「DataHotel」の特徴について、お聞かせください。通常のホスティングサービスはラック貸しが中心です。これをアパートと例えると、そこに住む住民(お客様)はソフトやサービスを全て自分で揃えなければな りません。一方ホテルにはサービスが全て準備されていますし、スイートルームにはお客様対応の専門のコンシェルジュが付きますよね。
「DataHotel」というサービスの名称もそこから来ており、非常に快適なサーバ環境をお客様に用意しています。監視・保守・障害一次対応・セキュリティ対応はもちろん、お客様と直接対応可能なエンジニアを10人以上交代制で配置しています。
「24時間365日徹底対応」が基本ポリシー、月額定額制でサービスしています。
→スイートルームのサービスを提供「DataHotel」

アクセルメール導入後、配信スピードが2倍以上に

  • ネットワーク事業部 マネージャー 大木 幸生 氏「より速いエンジンを求めていました。」ネットワーク事業部 マネージャー 大木 幸生 氏

アクセルメール導入に至った経緯を、お聞かせください。2004年から、「DataHotel」サービスの一つとして、携帯メール向け高速配信サービスを「高速配信メール(当初は「メルエモン」)」の提供を開始しました。定額制で利用できることもあって、口コミで広がり顧客数も順調に増えていました。
実は当時、別の携帯向けに特化した配信エンジンを組み込んでいました。その配信エンジンは配信開始時のスピードは速かったのですが、配信のスピードが時間と共に落ちていき、結局、トータルの配信時間がかかってしまい不安定なのが問題でした。配信数が日々増加していることもあり、より速く配信できるエンジンが必要でした。
また、携帯メールは携帯会社によって微妙に仕様が異なり、ノウハウ無しでは大量配信そのものが難しいので、日々悩んでいました。その時弊社の事業部長がアクセルメールの噂を聞きつけ、テストを行うことになったのです。
テストは実際の運用に近い環境を使い、大量配信を中心に充分な検証を行いました。

検証結果はいかがでしたか?アクセルメールは安定して高速でメールを配信する設計になっていますね。大量配信の場合、結果的には今までと比べ2倍以上の配信スピードが出ていました。
2倍のスピードということは、「今までの2倍メール配信が行える」ことになります。我々のようなメール配信サービスを行っている場合、メール配信エンジンのスピードは生命線ともいえます。
これだけ明確なスピードの違いが出ましたので、「DataHotel」のサービス向上のためにアクセルメールに切替える十分な理由となりました。
約1ヶ月間納得いくまで検証し、その後メール配信エンジンの切替を2ヶ月で完了しました。

アクセルメール導入に関して、KLab社のサポート対応はいかがでしたか?エンジニア同士のコミュニケーションが良く、大きな問題は起きませんでした。社内でもKLab社のサポート評価は高いです。検証から切替まで丁寧にサポートしていただきました。

遅延、ウエイト、不達等の障害が減少しサポート負荷が軽減

  • ネットワーク事業部 オペレーショングループ 荻原 尚宏 氏「障害が減少しました。」ネットワーク事業部 オペレーショングループ 荻原 尚宏 氏

アクセルメール導入後の効果をお聞かせください。導入効果は3点あります。

1. 配信スピード・パフォーマンスが良くなりました。

先ほども言いましたが、アクセルメール導入前の2倍以上の配信スピードになりました。
配信スピードの結果は実際の運用でも、テスト同様の数字となりました。 「DataHotel」ユーザーからの評価も上々です。

2. ログ(記録)が取れるようになりました。

ログ管理機能はアクセルメール導入前は機能としてなかったので、ありがたいです。お客様から要求された際にも資料として使うことができて重宝しています。

3. 障害が減少し、メモリーリークも発生しなくなりました。

アクセルメール導入前に比べて遅延、ウエイト、不達等の障害が劇的に減少しています。そのためお客様からの遅延に関する問い合わせは、殆ど来なくなりました。サポート負荷も下がっています。 また、メモリーリークも殆ど発生しませんので、メール配信業務が円滑に進んでいます。

障害が減ったことでお客様からの問い合わせが減ったのは良いことなのですが、それに伴いお客様と若干疎遠気味になってしまっています。今後は障害対応ではなく、新たな提案対応として活動を行い、お客様ともっとコミュニケーションを取るようにしていきたいと思います。

今後のアクセルメール、KLab社への期待

  • ネットワーク事業部 営業部 池田 寿也 氏ネットワーク事業部 営業部 池田 寿也 氏

今後どのようにアクセルメールを活用される予定ですか?お客様に個別の文面でメール配信できる「差し込み同報機能」を使っていただきたいです。また携帯向けメール配信だけではなくPCメール、特にフリーアドレスへの配信に活用したいと考えています。

KLab社に期待していることをお聞かせください。サポートの方には、今までと同様な情報提供を継続してお願いしたいです。
また、弊社内で開発中のサービスがいくつかあります。KLab社とぜひ共同開発をしていきたいです。ライブドアのインフラ基盤開発技術、KLab社のアプリ開発技術を合わせてお客様に提供していけるといいですね。

お忙しい中、有り難うございました。

取材日時 2007年4月

※掲載の会社名、サービス名は各社の商標、登録商標です。