お問い合わせ 03-5414-3611 受付時間 月~金 10:00~18:00(祝祭日を除く)

高速配信

1時間180万通 の高速配信 ~送信処理を共通、並列化することで高効率な配信を実現

アクセルメールが実現する送信処理の最適化の例

大量のメールをスマートフォンや携帯電話に高速配信するためには、各携帯電話キャリア(docomo、au、SoftBank)やWebメールサービス提供会社の送信先メールサーバごとに送信処理を最適化する必要があります。

アクセルメールは、メール配信におけるメールサーバの送信処理の無駄を排除することで無駄のない効率的な送信処理を行っています。また、特定の送信先ごとに1接続あたりの同時送信数や1IPあたりの同時接続数などを最適化した送信処理を行っているため、1時間あたり180万通以上の高速配信が可能となります。

また、これらの最適化は“送信先のメールサーバに余計な負荷をかけない”送信処理であるため、無理やりパラメータを上げることによって行う高速化とは異なり、受信ブロック(接続拒否)を受ける可能性を極限まで抑えた、安定的な高速配信を実現しています。

もちろん普及の著しいスマートフォンにも対応。スマートフォンで使用頻度の高いGmail,Yahoo!メールなどのドメインに対して高速化を行っています。

一定時間で配信可能なメール数については、サーバ環境やメール配信経路の状況に依存します。

配信速度は一般的なメールサーバの120~200倍!

1時間当たり3,000~5,000程度が限界の一般のメール配信サーバと比較すると、その配信性能は120~200倍。
さらに、使用するメールサーバの性能向上やサーバ台数の増加、使用するグローバルIPアドレスの増加などにより、一層の高速化も可能です。(アクセルメールで推奨するグローバルIPアドレスの数は、1サーバあたり6~8IPとなります。)

docomo、au向けの速度。softbank向けはキャリアサーバ側の制限により速度が異なります。